読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れてちゃ、もったいないよ。

30歳、既婚、子供なし。卵巣未熟奇形種の既往歴あり。不妊治療の記録です。

長すぎる10日間

判定日に先生に出血と腹痛の有無を聞かれたのは、流産の兆候を確認してたらしい。

 

そのご出血と言うか茶色いオリモノが1回。でも判定日の夜だったから、内診したせいかなぁと思ったり。

 

腹痛は、ゼロじゃないけど、そんなに気にならず。たまにチクチク知る程度。

 

便秘どころかお腹は緩めで、ビオフェルミンを服用中。

 

判定日までの頭痛はすっかりなくなった。メンタルの問題かしら。

 

眠いことは眠い。仕事がなければお昼寝しちゃうし。でもそれが日常だし…

 

 

 

つまりは、流産の兆候もないけれど

お腹に赤ちゃんがいそうな気配もしないわけです。確実なのはhcgの値だけ。

 

結局また心臓が痛いまま診察日を迎えそう。

 

胎嚢確認まで、あと7日。