読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れてちゃ、もったいないよ。

30歳、既婚、子供なし。卵巣未熟奇形種の既往歴あり。不妊治療の記録です。

上手く行かなかった理由を考える

不妊治療のこと

わたしは、原発不妊症の病名がついてます。

昔してた抗がん剤の影響でか、卵巣予備能は40代なみ。右の卵巣はありません。でも、妊娠能力には関係ないそう。

他は概ね正常、卵胞の育ちは遅めだけど、クロミッドもフェマーラもゴナールFもちゃんと効いたので薬を使えばちゃんと育ちます。

旦那の検査は問題なし。

いわゆる、原因不明の不妊なんです。

 

問題ないってのは正常だってことじゃなくて、今の医学では不妊の理由はわかんないってこと。これを聞いたとき、目からうろこでした。

 

タイミング法も人工受精もかすりもしなかったのに、体外受精は1回目で陽性が出ました。

受精した卵も全部グレードのいい卵でした。

 

ちゃんと排卵するし、体外なら受精するし、ちゃんと胚細胞まで育つ。でも人工受精じゃ着床しない。体外受精なら大丈夫。ということは…

 

ひとつ思い当たったこと。

わたし、ピックアップ障害?

 

簡単に言うと、卵子精子が体の中で上手く出会えないということ。人工的に出会わせれば上手く行く。

 

今後も着床したけど、育たないっていうのが続けば不育症かもしれないけど、化学流産は染色体異常だっていうから、それはまたダメだったら考えます。

 

もしわたしがピックアップ障害だとしたら。

今までのタイミング法も人工受精も上手く行くわけなかったんですよね。

体外にたどり着くまでに必要だったとしても、ずいぶん遠回りしたなと思います。

 

それとも、体外受精に納得して進むために必要な時間だったのでしょうか。

 

どっちにしろ、受精卵は今回ダメだったらあと1つ。排卵はもうしたくないです…

どうかうまくいきますように。